忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Acyan20090719.jpg

何度も何度も繰り返し聴いてみたよ。リスニング環境を変えたり、イヤフォンをヘッドフォンに変えたりもした。
でも、未だに苦手な曲を克服することが出来ないんだ。
GAMEの時は、飛ばしてスルーする様なトラックは一つも無かったのに、今回は我慢できずにスキップしたくなる曲があるんだ。ホントにゴメン。


もちろん、繰り返し聴いたことで良い印象に変わった曲はあるよ。
Zero Gravityがそうだ。
最初に聴いたときは、何だか前世紀末の田舎町の場末のDJバーに迷い込んだみたいな「いまさら感」に苛まれたけど、繰り返し聴いていたらメロディラインの楽しさに気付くことができたよ。あ~ちゃんの声が聴こえればそれでいいんだ。バックのトラックがどうのって気にするのが馬鹿らしくなったよ。


でも、何度も何度も繰り返し聴いているうちに益々我慢出来なくなってしまった曲もあるよ。
Speed Of Soundだ。
この曲をカッコ良いと思えない僕は既に終わってしまったのかな。All About[テクノポップ]の人達が、Masters At Workあたりの名前を出しながら絶賛しているのを見ながら「本気なのか? あの頃はコレよりもっとカッコいいハウスのトラックなんて山ほど有っただろ?」と思ってしまった僕は時代遅れのただのジジイなんだろ?
解ってるよ、今の20代にはこの音がとてもお洒落でカッコ良く聴こえるんだね。もう、自分のセンスの無さに嫌気が差したよ。



あ~ちゃん、ゴメン。やっぱ、聴き込むほどに味わい深くなるスルメみたいなアルバムより、ハナからガツンとブン殴られるようなハードパンチのアルバムの方が良いよ。
それが今回のアルバムの素直な感想。 

「⊿(トライアングル)」 <通常盤> : Perfume (->@TOWER.JP)


Track List

[CD]
1. Take off
2. love the world
3. Dream Fighter
4. edge (⊿-mix)
5. NIGHT FLIGHT
6. Kiss and Music
7. Zero Gravity
8. I still love U
9. The best thing
10. Speed of Sound
11. ワンルーム・ディスコ
12. 願い (Album-mix)

国内盤 CD
発売日: 2009/07/08
組枚数: 1
規格品番: TKCA-73445
レーベル: ジャパン

「Take off」「Dream Fighter 」「edge (⊿-mix)」は正直キツイです。
「NIGHT FLIGHT」の変な始まり方にも未だ馴染めません。
「Speed of Sound」は存在意義が解りません。だれか教えてください。



西脇さんが「神」と崇めるヤスタカですが、私にとっては神ではありません。「音楽家」です。
もちろん、メロディーメイカーとしては一流だと思います。しかし、トラックメイクとなると、、、。
いや、ワザとやっていると思うのですよ。絶対的確信犯。もっとお洒落でキュートでクールなものを作れるはずなのに敢えてやらないんですよ。そうに決まっている。
前作のアルバム「GAME」では、キャッチーなメロディとキュートな歌声がキラキラとピコピコの舞う空間で楽しそうに踊っていました。「シクシク」のゴージャスな盛り具合や「セラガ」の贅肉を削ぎ落としパフュの声で遊んだ思い切りの良さが素晴しかったでしょ。あれほどの仕事が出来る人ですよ。絶対何かを企んでいるんですよ。

今こそ中田氏のインタビューを読みたいですね。


追記:
中田氏のインタビューを待つまでもなく、私の中で答えが見つかりました。
つまり、このアルバムのコンセプトは「ワンルーム・ディスコ」であると。
そう結論付けたら妙に納得してしまったので、全てを受け入れます。
ダンスフロアへは行きません。部屋の天井にミラーボールを付けて照明を暗くしてラジカセで聴きます。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
ちょっと前から読ませていただいてたのですが、
初めてコメントいたします。
トライアングルの感想、共感し過ぎるぐらい共感してます。
自分も色々環境を変えて聴いて、なんとか肯定しようと
していたのですが。。。
All Aboutの方達は正気なのでしょうか?
自分は37歳ですが、こんなものを「カッコいいハウス」
と言われては非常に困ると言うのが率直な感想です。
福岡のライブに行く予定ですが、不安が拭えません。
fkm 2009/07/19(Sun)02:13:55 Edit Top
無題
>fkmさん
どうも初めまして。
私のクラブデビューって今から10年くらい前なので、とても遅かったのですが、多分その頃にフロアで流れていた様な曲調だなと思ったんですね。その頃の音って、NY系のハウスもそうだしデトロイトテクノもそうだけど、血沸き肉踊る感じがあったし、なにより洗練されていましたよ。本当に大人の音だったような気がします。
ヤスタカの作るハウスって子供っぽいと言うか、ちゃっちいと言うか。今作は特にそんな安っぽさが目に付いて仕方ないんです。

あ、でもライブは別だと思いますよ、生のパフュを見れるからw
会場がダンスフロア化することは絶対無いし、横ノリのグルーヴを感じながら踊っている渋~い人も居ないと思いますが、ライブは別だと思います(笑)
私も新潟会場へ行くので楽しみにしています。
LSTD 2009/07/19(Sun)02:49:36 Edit Top
同感です
いつも拝見させて頂いてます。
アルバムの感想、まったくの同感です。

なんか世間的には尖ったアルバムだとか、
挑戦的なサウンドだとか言う人があまり多くて、
全然しっくり来ていません。正直居心地悪いです。
今回は3人の年齢なども鑑みて、
「乙女ハウス(何か気持ち悪い表現ですが)」を
標榜しているような気もしますが、
どちらにせよ生ぬるいなーと思ってしまいます

初めて目にしましたが、ALLABOUTはよく分かりませんね。
懐古主義的なのはオヤジ臭いと思うんですが、
僕も34歳で、ソニテク&シカゴリバイバル世代なので、
安易にあの90年代と比べて欲しくないなあというのが
正直なところです。商業化と真逆のヤバい感じもありましたし。
まあ、下世話な感じですがブリブリのフィジット、B-MORE、
クンビア、バイレなど今の辺境ハウスもなかなかおもろいので、
できればパスティシュが大得意なystkには、
エロエロなk感じで⊿のBootRemixを出していただきたいですw

ま、Liveは動いてる3人を見るための「祭り」なので、
音的には次回作に期待、ということで・・・。
僕は名古屋、横アリ出席です。

Perfumeの音の面からのエントリー楽しみにしています。
長文失礼しました。
J汁 2009/07/22(Wed)11:27:20 Edit Top
無題
>J汁さん
「乙女ハウス」に行くなら極めて欲しいですよね。何をやるにしても中途半端が一番かっこ悪い。
Speed of Soundでダンスミュージックを標榜されても困ります。だってコレじゃだれもフロアで掛けてくれないもの。
(あ、あ~ちゃんは悪くないw)

なるほど「辺境ハウス」は探索の余地がありそうですね。フィジット・ハウスとか全然チェックしていないので、今度覗いてみようと思います。
Remixはヤスタカ以外の人に手掛けて欲しいけど、今の体制じゃ無理でしょうねえ。
LSTD 2009/07/22(Wed)23:53:35 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]