忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、音楽のネタが無いね(笑)。

先週、「崖の上のポニョ」を観て来た。


あ、今日のエントリは「崖の上のポニョ」のお話。
ネタバレ注意? いや、そんなにたいした内容じゃ無いよ。




いやあ、実に良い映画だったな。
何がイイって「ファンタジー」だったから。
アタシは、ジブリ作品には教訓話を求めていなくて、基本的にファンタジーで、根底に「愛、友情、勇気、冒険」って言うブレないテーマがあればソレだけでイイんです。
「人間の業」とか「自然界との共棲」とか言われても頭ワリーんで難しいコト考えたくないしね。


アタシが一番好きなジブリ作品は「紅の豚」なんですが、アレは最高のファンタジーですよね。
まあ、豚の豚たる所以を想う時、そこに戦争で傷ついた人間のドラマを見ることも出来るかもしれないけど、そんなことよりポルコ・ロッソの活躍が痛快じゃないですか。サボイアS-21Fがカッコいいじゃないですか。ジーナがエレガントでステキじゃないですか。ソレだけで十分。(*1)


さて、ポニョです。
この映画のタイトルは「崖の上のポニョ」ですが、アタシの感想は「崖の上の宗介」ですね。
宗介がホントに良い子、ってかカッコいい。家族への強い想いと、愛する人を守りたいと言う真直ぐな気持ち。そして、全てを受け入れる器の大きさ。惚れるね(笑)。
まあ、深読みすれば色々と教訓めいた話は出来ると想うけど、ポニョの無垢な天真爛漫さや宗介の正義感と優しさに触れると、そんなことはどうでもいいよね。

sosuke.jpg


一つだけ教訓話をするなら、世の男達は宗介に「愛と責任」を学べって事かね。
全てを理解し受け入れた上で愛を貫く「真直ぐな気持ち」を忘れちゃいかん、なんてね。


ともあれ、久々に「また映画館で観たい」って思った映画だった。




(BGM 「崖の上のポニョ」 : 藤岡藤巻と大橋のぞみ)


注釈:
(*1)ネタ的に対比すると、こんな感じかな。
 宗介 : ポルコ・ロッソ (ヒーロー)
 ポニョ : サボイアS-21F (カラーリングだったり、流線型のフォルムだったり、世話の焼けるところだったり)
 リサ : フィオ (責任感が強くて行動的。いや、ジーナかも知れんの)
 フジモト : カーチス (一応、敵役)
 グランマンマーレ : ジーナ (エレガント。全てを包み込む母性)

追記:
リサの事

激しくネタばれなので、反転しておきます。

いろんなブログでポニョの感想を読ませていただきましたが、リサへの風当りが激しいのでフォローさせてください(笑)。無茶な所はあるけど、良いお母さんじゃないですか?


大嵐を前にして係員の制止を振りきって水路を横切り、無謀にも危険に晒されながら家に帰る必要が有ったのかと言う意見がありました。確かにそうね。でも、彼女は人一番責任感が強いんですよ。
帰宅後の彼女の行動を見れば解るように、崖の上に建つあの家は船乗りにとって灯台と同じ役割をしているんですね。だから、あの家には非常用の発電機と無線機が用意されている。普通の家なら停電時に備えるのはロウソクくらいですよ。でも、街中が停電しても崖の上の家に明かりがともっていたら、沖合いを通る船乗り(つまりダンナね)が安心するじゃないですか。無茶を承知で危険を顧みずに帰宅したのは、おそらくはダンナとの約束を果たすこと(街が停電しても我が家だけは明かりを灯し続けること)と、ダンナに無事を知らせたいという思いからでしょう。

「嵐の夜に幼い子供たちを置き去りにするなんて、ひどい母親」って意見も有りましたね。
幼い宋介とポニョを残してデイセンターの老人達の元へ向かったのも彼女の責任感(または老人達への愛)の表れでしょう。大嵐で帰宅できずに停電した暗い部屋の中で心細い思いをしている老人達が気になって仕方ないんですね。子供達を一緒に連れて行くより崖の上なら灌水する事も無いので、家に置いておけば安全と判断したのでしょう。なによりこの家には「灯台守」が必要。宋介は船乗りの倅だから灯台守の意味を理解しているだろうしね。それで彼女は安心して老人達の元へ向かったのだと思います。(ま、ストーリーの展開上こうなるけどね)
これがひどい母親と言い切れますかね。

最後に「子供達にインスタントラーメンを食べさせるなんて!」って意見もw
別に良いんじゃないの。よそ様の食生活をとやかく言うのは非常に無粋(笑)。
リサってリスクマネージメントに長けているんですよ。家に帰るなり真っ先にやったことはライフラインの確認でした。電気は自家発電で燃料の残を確認しながら使えるので安心。一方、水道とガスは通じているようですが災害時には何時止まるか判らない。外は有り得ない位の大嵐だし、断水やガスの供給停止も容易に想像できるでしょ。そんな時に普段通りの料理を始められますか? それよりも、粗末な食事であっても、暖かくてお腹いっぱいになれば安心できるでしょ。むしろそちらを優先したまで。いや、それだけではなく、宋介に「ポニョはハムが好き」って事前に聞いていたから、トッピングにハムを載せる優しさがなんとも嬉しいじゃないですか。良い母親だと思うよ。

ま、リサはオレの嫁ってことで(笑)
 

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]