忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は仕事帰りにシンジさんとお茶して来た。例のブツを頂きました。シンジさん有り難う。これでアタシも西脇さん(掟とも)オソロですね。
シンジさんはなかなかの好青年で、今後の新潟のテクノシーンに活を入れてくれそうな外科医のコスプレ好きな人でした。これからもヨロシクです。


* * * * * * * * * * * * *


さて、久しぶりにBRUTUSを買ってみた。Perfumeが載っていたからね。

あ、今日はPerfumeの話は無しです。



BRUTUSは宝島(*1)と共に20代を過ごした1980年代に私がハマっていた雑誌。
宝島には「オルタナティブ」を、BRUTUSには大人としての「粋」と「嗜」を教わった。今思えば対極にあるような雑誌ではあるが、それぞれが興味の対象と憧れの対象である。
早い話がPOPEYEを読んでポップカルチャーのメインストリームを歩くような青年ではなかったんだな。非モテがモテメンの王道を真似したところで勝ち目がないので、脇道を歩くことにしたとも言えるのだがね。
その御蔭で、マハラジャに入り浸るようなワンレンボディコンギャルとは知合うきっかけすら無かったが、ナゴムギャルもどき(でも無いなwww)には知り合えた。それが今の嫁である。私の選択は正しかったのだね。
あ~、話が激しく脇道に逸れた。



BRUTUSは男性向けのライフスタイルマガジンである。ファッション誌でも無ければカルチャー誌でも無い。しかし毎号、明確なテーマを打ち出して様々な角度から切り取って見せる内容は楽しかった。高級志向でスノッブな嫌らしさは有るが、他の雑誌では見られない独自のセンスが大好きだった。アート、映画、音楽、食、インテリアや住宅、さらに紀行ものまで、BRUTUSならではの拘りを持った記事内容は田舎の青年にとって良い教材だったし、なにより憧れだったなあ。

一番印象に残っている記事は「贅沢は素敵」っていう世界の一級品を紹介する特集で、持ち物へのオトナの拘りに満ちた内容だった。
その中でハバナ産シガーの最高級品「Cohiba(*2)」等と並んで「越後上布」が紹介されていたことが、新潟の田舎モンにとっては痛烈なパンチだった。越後上布とは言わずと知れた地元新潟が生んだ伝統の麻織物である。そんな地場モノの良さに目もくれずに存在を軽んじていた自分を恥じたね。
それと「贅沢なシチュエーション」を羅列しただけの記事の中で逢った「蕎麦屋の2階を貸し切る」というフレーズもカルチャーショックだった。ゴージャスな事だけが贅沢では無く、粋に楽しむ事が贅沢と言うか、そんな価値観が大人だなー、と感じた次第。今のLEONなんか足元にも及ばないほどのセンスの良さが当時のBRUTUSは有ったのよ。(*3)



さて、今回のJ-POP特集。巻頭のPerfumeの写真が素晴しくて、31ページの3人のキャラクターを捉えたキュートかつエレガントなスタイリングがとても良かった。Perfumeを「パフューム」と表記している所もBRUTUSらしい。
ま、それ以上に、一番BRUTUSらしいなと思ったのが、加藤ミリヤのバックにある書家「久保田直樹」氏の書による屏風。このカットのためにわざわざ製作してもらったのだね。この辺のお金の使い方はあの頃と変わってないな。それと、小西康陽に阿久悠を語らせている所ね。これはこれから読むさ。


brutus626.jpg



(BGM 「芝生 Feat. 谷川俊太郎」 : HALCALI)
本文と全く関係無いなあ。


注釈:
(*1)宝島は70年代の頃の硬派なカルチャー誌時代も80年代のポップでパンクなサブカル誌時代も好きだったが、90年代に入ってタダのエロ本に成り下がってしまったので見捨てた。

(*2)カストロを始めとした政府関係者御用達の最高級シガーで、当時は国外持ち出し禁止だった(はず)。
「Cohibaは生娘の太腿で巻く」なんてえ馬鹿話もBRUTUSの「北方謙三キューバ紀行」から。ってか、北方謙三をダシにして編集部がキューバへ行きたかったってのがミエミエ。同じことが今回のPerfumeにも言える。「J-POPで今一番勢いのあるパフュを巻頭に」ってのは言い訳で、ただ単に会いたかっただけなんだろうなあ(笑)。

(*3)LEONの「バブル期が未だに忘れられない」的な成金趣味がイヤだ。ちょいワルオヤジなんてバッカじゃねーのって思う。
例えば「3,000万円有ったら、何に使う?」って言ったら、LEONなら「オーデマピゲのミレネリー・MC12 トゥールビヨン クロノグラフ
を買う」って言うだろうね。しかし、あの頃のBRUTUSならそんな等価交換的なお金の使い方ではなく、自分自身の自己満足のために「粋に」散財する方法を提案したはずだ。それも「蕎麦屋の2階」的な発想でね。ま、オレなら躊躇無く住宅ローンの一括償還を選ぶね、ってかそれしかないだろ。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]