忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ココのところのmariotownさんやkumagoroさんのコメントにレスを入れながら感じた事を記しておきます。

「Perfumeのライブではみんな踊れよ」

このブログで散々書いてきました。でも、もう止めますわ。



縦ノリで拳を突き上げて飛び跳ねる動作も、オンビートで手拍子パンパンする動作も、どちらも極めて当たり前の「ライブマナー」であることには違いないし、楽しみ方は人それぞれなのでね。


「縦ノリで拳を突き上げて飛び跳ねる動作」ってのは、70年代末のパンクムーブメントの中から生まれたポゴダンスに起源を発するのだろうか。疾走感を強調するような前のめり気味のビートは、オンビートでノって飛び跳ねる動作と非常に相性が良い。だからこれはロック系のライブの現場では当たり前に見られる光景になった。
音楽との親和性の他に、興奮を抑えきれない気持ちの表れであったり、オーディエンスが高揚感を共有する意味もあるのかもしれないね。

「オンビートで手拍子パンパン」は、HEY3からのど自慢まで歌番組の観衆に見られる動作だ。実に御行儀が良く躾が行届いた印象を受ける。
しかしなんとも無味乾燥だ。何を考えているのか分からない不気味ささえ感じる。
まあ、全く反応を示さない地蔵様よりも100万倍は意味のある行為だとは思うが。



ポップスやロックのリズムは明確なシンコペーションから生まれるので、「8ビートのスネアが鳴るタイミング = アフタービート」でノルのが正しい。

そもそもコレって、70年代~80年代を洋楽主体で過ごしたジジイ達が何の疑いも無く無条件に受け入れて体に染み込ませたものだろう。
それに、カラオケボックスの無い時代に娯楽と社交の中心的存在だったディスコでの体験も「アフタービートでノル」事が如何に自然な事であるかを教えてくれた。
あの頃のディスコって、別にダンスミュージックばかりを流していたわけではなく、当時のチャートを賑せた最新ヒットが絶え間なく流れる場所だったの。アメリカンロックだってUKモノのニュー・ウェイヴだって何だってあったの。だから自然と音楽に合わせてアフタービートで揺れるという習慣が身に付いていったのね。40代以上の洋楽好きだったら殆どの人が当時のディスコを体験しているでしょ。


Perfumeが『踊れる音楽』を提示してくれているのもかかわらず、それに見合う反応が行われない現場を見て感じる違和感は、そういった『アフタービートへの執拗な拘り』や『音楽に合わせて踊る習慣の有無』から来ているのかね? 
だとすると、コレは紛れも無くジェネレーションギャップなのだな。


もう止そう。


追記:
テクノやハウスの4つ打ち音楽は「ドン・ドン・ドン・ドン」ってオンビートで乗っかっても構わないよ。でもそのまま縦ノリって絶対有り得ないだろふつー。
あ、もうこれ以上は、、、。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
初期の映像を見ると縦ノリの人ってあまりいませんし、puppy loveの上上下下だとか「アンコール!」とかもまたノリが違いますので、別にジェネレーションギャップというふうにも思えず、いろんな音楽のいろんな様式が渾然一体となっているという感じはします。
ちなみに、今度のシングル曲は縦ノリ不可能な曲らしいので、その曲をきっかけに横ノリで踊るような様式が入ってきたりするとまた面白いかもしれないですね。
stranger 2010/03/27(Sat)20:34:30 Edit Top
諦めないで!
LSTD様
このエントリは淋しすぎます。
せっかく同じ感覚を共有できる方と知り合えたと思ったのに。
でも忘れないで!パフュのファンはブレイク前からアフターでグルーブを感じながらノレる層と、それこそポゴでピョンピョンする層とが混在していたらしいことを。
そして、このことこそが数多ある「同業者」と、パフュとを分かつ秘密だったのだろうと云うことを。
つまり、様々なセンスの持ち主が、各々自分の感覚で愛でることが出来る懐の深さこそがPerfumeの特異性なのかなと妄想しました。
stranger様、
<今度のシングル曲は縦ノリ不可能な曲らしいので、その曲をきっかけに横ノリで踊るような様式が入ってきたりするとまた面白いかもしれないですね。
そうですよ!!LSTD様の弱気を叱ってやってください(笑い)
kumagoro1953 URL 2010/03/27(Sat)23:59:25 Edit Top
退化
ご無沙汰しております。
最近のアフタービートや横ノリとかの話題を興味深く読ませていただきました。私もナチュ恋に触発されてそのあたりの事を自分のBlogに書きました。(始めたんですよ)
一般人の来るコンサートに最近行ってないので良く分からなかったのですが、おじさんとしては「お前ら、退化してるぞ!」と言ってやっていいと思います(笑)。
absolute_empty URL 2010/03/28(Sun)00:16:01 Edit Top
皆さんへ
いずれにしても「ナチュ恋」が今までの4つ打ちとは違って遅めのBPMでグルーブ感が強調された『腰でノル』トラックだったので、今までとは違う思いが湧き出してきているのでしょうね。
これがきっかけになって新しい変化が色んなところで起こってくれると楽しい。
でも、俺、あの曲、横ノリ以外の合わせ方を知らない。
(って言って時点でアレなんですが)

今後は「ドラムンにRemixすると縦ノリでも違和感無く感じるかしら」という妄想で楽しむこととします。
(こりねえなw)
LSTD 2010/03/28(Sun)03:12:00 Edit Top
アフタービートとPPPHの相克!?
ロックやジャズ、ダンス・ミュージックのアフタービートを後天的に学習した身なもので、おっしゃることはよくわかります。
ただ、私がPerfumeの現場で衝撃を受けたのは、そうしたアフタービート感覚で踊るクラバーと、「PPPH」でジャンプするおたくが同居するカオスな光景でした。
「タテマエ」のアフタービートと「ホンネ」の前ノリの相克というか同居というか……。
黒人音楽至上主義だった自分のリズム認識が根本から崩れる体験でした。そして、それはイヤな感じじゃなく、とっても楽しい体験だったんです。

「ナチュラルに恋して」のリズム、いいですよね! 4/4のキックが入ってないシングル曲は初めてではないでしょうか!?
stonedlove URL 2010/03/30(Tue)12:09:25 Edit Top
無題
>stonedloveさん
あ、どうもです。時々ブログ読ませてもらっています。
>「タテマエ」のアフタービートと「ホンネ」の前ノリの相克というか同居というか……
うんうん、楽しみ方には決まった形は無いので思う存分ハメを外したら良い訳で。
けど、ここ新潟の地域的な特色もあるのでしょうが、ヲタ芸も今回のファンイベントでは目撃していません。横ノリ同様ヲタ芸もマイノリティになってしまったのでしょうかね。いろんな楽しみ方をする人種が混沌としている状況の方が楽しいのにと思います。

ナチュ恋は今までのPerfumeには無かった様な「腰でノレる粘っこいグルーヴ」が感じられてとっても良いですよね。好み。
LSTD 2010/03/30(Tue)19:44:50 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]