忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女子のパシュート、惜しかったね。2/100秒差かあ。
でも、良いレースだったよ。


毎度メモです。


12 :
MEDITATION - EP」 : TOMOMI UKUMORI / OGAWA & UNIC (*1)
Watergate - EP」 : MARCO BAILEY (*2)

DL :
Made In Japan - EP」 : Hideo Kobayashi (*3)
You Changed The Way - Osamu M & Hiromat Remix」 : Hideo Kobayashi (*4)



解説:
(*1) OGAWA & UNICの作るハイセンスな哀愁トラックにトモミさんの抑えの効いた歌声が載る”もうコレは間違いの無い”ハウス。
EMMAでおなじみNitelist Musicからのリリース。
http://www.jetsetrecords.net/jp/product/754003739242

(*2) MARCO BAILEYの新作をBedrockから。
もはやテクノとテックハウスの区別がつかなくなってしまったのね、私。
http://bedrockmusic.bigcartel.com/product/marco-bailey-watergate-ep-12-vinyl

(*3) 昨年からBeatportのカートに入れっぱなしだったものをダウンロードしました。
https://www.beatport.com/en-US/html/content/release/detail/203835/Made%20In%20Japan%20EP

(*4) Hideo Kobayashiのアルバム「Zero」の中で異彩を放っていたアーバンソウルなトラック「U Changed The Way」をOsamu M & Hiromatがクールなハウスに仕上げました。
https://www.beatport.com/en-US/html/content/release/detail/223734/You%20Changed%20The%20Way%20EP

 

参考資料:
Marco Bailey - Watergate (Aalberg & Angstrom Remix)



HIDEO KOBAYASHI - MADE IN JAPAN





雑記:
浅田選手、銀メダルおめでとう。
あれだけのプレッシャーの中で良く頑張ったと思います。お疲れ様でした。

さて、私はフィギュア・スケートに関しては、オリンピックや国際大会、全日本選手権などのメジャーな大会をテレビで眺める程度で、会場まで足を運ぶような熱心なファンではないので的外れな事しか言えないニワカなんですが、今回のオリンピックのフィギュアを見ていて気になったことをいくつか。
(以下、私はフィギュア・スケートをスポーツと言うよりは、クラシック・バレエやコンテンポラリー・ダンスと同列の総合芸術として見ているという前提で書いています。)

キム・ヨナが史上最高得点で優勝した事を受けて、まあ、予想通りネットでさんざんな言われ様で気の毒です。
「トリプル・アクセルを飛べないキム・ヨナには金メダルの資格が無い」とか「見栄えに訴える演技ではスポーツとは呼べない」とか。
高度な技に挑まない事を理由にキム・ヨナを批判することは、トリノの荒川静香を否定することになりますが、どうなんですかね。

私はジャネット・リンの時代からオリンピックでフィギュアを見ていますけど、伊藤みどりの時代まで正直言って日本人選手を見るのが辛かったです。欧米の手足が長くて美しい選手達がしなやかに舞う中で、渡部絵美や伊藤みどりを見るのはきつかった。
「日本人が欧米人と対等に渡り合うには見た目の美しさや芸術性ではかなわないのだから、ジャンプなどの技術で対抗するしかないのか」
悔しい思いをしながらカタリナ・ヴィットとかを見ていた記憶があります。

そんな私の溜飲を下げてくれたのがトリノでの荒川静香でした。
彼女も長野オリンピックの時はお遊戯的なきつい演技で観ている方が辛かったですが、その後大きく成長しましたね。もともと彼女も数種類の3回転を跳び分けたり3-3のコンビネーションを得意とするジャンパーでしたが、トリノでは飛び道具的な大技など無くても、技の一つ一つをミス無く丁寧にこなし、何より美しくエレガントに滑る事で日本人が頂点に立てることを証明してくれました。
彼女の滑りは本当に美しかったし、背筋がゾクゾクっと来たし、涙が出るほど感動的でした。

キム・ヨナの演技も同じではないでしょうか。
指先まで意識した所作の美しさ。動き出す際の「溜め」に垣間見られる女性らしい柔らな動作と優雅さ。それとコントラストをなすジャンプのスピードと高さ、さらに、滑らかな着氷とその後のしなやかな動作。そして観る者を引き込む表情。
彼女の場合はその「見栄えに訴える演技」が17.40という信じ難いGOE(*1)に繋がったと思います。確かにGOEもらい過ぎな感じは否めませんが、ジャンプ、スピン、ステップ、スパイラル、全てにおいて金メダルに値する素晴らしい演技だったと思います。


浅田さんは、、、。
正直、キム・ヨナとの直接対決で、彼女が勝ったのはキムが大崩れして自滅した時だけじゃなかったかな。
お互いが完璧な演技を行った末にガチの勝負を制した、と言う記憶が無いんですよね。どうでしたっけ?

今回、浅田さんはSPで見事な3アクセルをそれもコンビネーションで跳びましたがトップに立てませんでした。何故5点近い差をつけられたのか、気になってバンクーバーの公式HPでスコアを見てみました。
長い間フィギュアを眺めてきてスコアをまじまじ見るってのが今回は初めてだったのですが、いろんな発見がありました。

浅田さんの3アクセル + 2トゥループは間違いなく大技ですが基礎点は9.5です。一方キムが跳んだ3ルッツ + 3トゥループの基礎点は10.0でした。意外ですけど実態はこうなんですね。これは男女とも同じ基礎点を採用しているためで、女子では大技でも男子では普通の技なんです。男女による技の難易度の違いは考慮されません。

フィギュアスケートの採点法 - Wikipedia

3アクセルの基礎点は8.2、3ルッツは6.0ですね。問題はコンビネーションの二つ目。キムは3トゥループで4.0ですが、浅田さんの2トゥループは1.3にしかならないのです。
ここで生じた疑問。何故浅田さんは基礎点が上回る3ルッツ+3トゥループのコンビネーションを跳ばずに、リスクを冒してまで3アクセル+2トゥループを選んだのか?
それはフリーでも同じでした。キム以外の選手でも取り入れている3+3のコンビネーションが無いんですね。さらにキムも飛んでいるアクセルに次ぐ難易度のルッツジャンプも無いんです。つまり、ジャンプの難易度的に言えばアクセル以外は他の選手でも普通にこなせるベーシックな技だけなんですよね。
それと後半の構成ですが、キムは1.1倍になると俄然有利になる3ルッツや3サルコウで基礎点を荒稼ぎする構成に対し、浅田さんのそれは3ループや3トゥループとキムよりも基礎点の劣るもの。私は浅田さんを「ジャンプが得意な技術系」と勝手に思い込んでいたので、ジャンプの基礎点がキムを上回れない後半の構成にはどうも納得できませんでした。前半の3アクセルを失敗するとどうにもならないという、極めてリスキーなプログラム。
なんでこうなっちゃったのか理解できませんでした。

ここに答えが書いてありました。

http://anond.hatelabo.jp/20100226200245

今季浅田真央はルッツも3-3もいれてないが、そもそもどちらも普通に出来ていた。

ざっくばらんにいえば、ここ2年ほどで回転不足判定やエッジ判定が滅茶苦茶厳しくなったのよ。

そんで、とんでもとんでも回転不足だとかエッジがだめだと減点されるようになってしまったので、飛べなくなった。

 

そう言う事だったのですね。
それでも今大会はその辺の判定基準が甘くなっていたのではないかという指摘もあります。女子選手の多くが自己ベストやシーズンベストを更新している事実がそれを裏付けている様にも思えます。

もし、仮に、、、
浅田さんが3アクセル以外に3-3のコンビネーションジャンプやルッツ、サルコウなどの難易度の高い3回転を跳んで、それらが甘めな判定の流れを受けて認定されていたとしたら、、、、。
さらに言えば、キムを上回る2.6という高いGOEを獲得したスパイラルシーケンスの後で、ジャンプを失敗せずに崩れること無く後半を完璧に纏めて強い印象を審判団に与えていたら、、、、。
キムに肉薄するスコアを叩き出していたかもしれないし、上回る事も出来たかもしれない。

あ、それと浅田さんの衣装ですが、黒の手袋はどうかと思いました。重厚な音楽に合わせた荘厳なイメージだとは思うのですが、指先に表情が乏しいために女性らしい繊細さや美しさを所作から感じ取ることが難しかったですね。
ラフマニノフの重苦しいテーマは北米の明るさや華やかさにはそぐわなかったかな。

結局、ここ数シーズンのジャッジの方向性や今大会の空気などが浅田さんに味方をしてくれなかったのだろうな、と思います。


浅田さんは次も目指してくれるようですが、一方のキム・ヨナは競技引退の可能性も報じられていますね。
4年後のガチ勝負で、今度は浅田さんが頂点に立つ姿を見てみたいものですが、どうなりますかね。


注釈:
(*1) この部分に黒い疑惑があるのかどうか? 現時点では何も判らないのでその件については触れないでおきますが、下駄をはかせなくてもキム・ヨナの演技は素晴らしかったと思います。それでキャリアに傷が付いてしまうとしたら極めてもったいないよね。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]