忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アタシがVJを始めた年の出来事だから2000年くらいかな。その頃の思い出話。


あ、長いです。


その1-----
月一のレジデント・パーティに参加していて、そのパーティってのが音楽はオールジャンルで、バニーガールがドリンクの給仕をしたり、ドラッグクイーンが居たりする当時の新潟では珍しいスタイルのイベントだった。
毎回、月毎にパーティのテーマを決めてコンセプトに沿ったオーナメントやオブジェで会場を飾ったりと演出も凝っていたのだが、当然それは開催に合わせて参加メンバー間で綿密な打ち合わせを行っていたから出来た事だ。
ある時オーガナイザー兼DJ君からメールを貰って、そこには、”普段はイベントのテーマに合わせて音源を用意しても事前にセットリストを組む事は無いのですが、今回はコンセプチュアルな事をやりたいのでセットリストを練り上げました。それに合わせた映像を用意して頂きたく、、、”と書かれていた。
いや、「普段からイメージに合わせた映像を流しているのだが」と思いつつも読み進むと、”今回は近未来のアジアの架空都市に住む女の子の孤独感みたいなものを表現したいので”、と言うことらしい。なるほど、そんなイメージね。「原色系やトライバルなイメージと女の子の映像を用意しよう」などと考えつつ、メールに書かれていたセットリストに目をやると、気になる一文があった。

07:浜崎あゆみのトライバル系MIX
 Σ( ̄▽ ̄;)!!あゆです! ダサいでしょう? 客ひくかなぁ~?


「ん~、お前さん、MISIAの時は別に誰の断りも無く嬉々として掛けるのに、なんでアユの時はスタッフの顔色を伺うのよ。」って、思ったのさ。
”ダサいでしょう? 客ひくかなぁ~?”ってのは、楽曲そのものにフロアを沸かせるほどの魅力が無いと感じたからなのか、それともDJとして選曲の妙で盛り上げるという自分自身のスキルに対する自信の無さなのかは解らない。彼が浜崎あゆみとMISIAのファンである事は知っていたが、ここまで両者の間で温度差を感じているとは思わなかった。


その2-----
大晦日には、今は無き新潟PHASEでのカウントダウンイベントにVJとして参加させてもらった。
イベントが始まって2時間くらいかな。1000人以上に膨れ上がったフロアが最初のピークを迎えるくらいの時間帯。あるDJが浜崎あゆみのハードトランスっぽいMIXのトラックを掛けた。オーディエンスの反応は割りと淡々としていて普通だった。特にブーイングが起きるようなことは無いが、盛り上がりを見せることも無い。しかし、イベントスタッフの「アユかよ」と吐き捨てるような口調の声が聞えた。
その後、新年のカウントダウンを迎えて、深夜2:00くらいかな。DJはNAOKI氏だったと思うが、それまでのハウスのグルーヴを断ち切って場内を静寂に包んでおいてから、MISIA「Everything」のアカペラを掛けたのね。他の曲と合わせる事も無くストレートにそのまま。場内にはMISIAの歌声だけが流れた。オーディエンスの反応は割りと淡々としていて普通だった、では無く、口笛が上がったり「イエー」とか「ウオー」とか歓声(これはDJ NAOKIへの声援かも知れないけど)が上がったりと、ブーイングが起きるようなことは全くなかった。むしろ楽しんでいたし、ビートが無いのにみんな揺れていた。そして、NAOKI氏が後半のピーク部分でアカペラとDUBミックスを合わせてビートを加えるとフロアは大爆発ね。ああ、MISIAは愛されているなあと感じた。

* * * * * * * * * *

浜崎あゆみもMISIAも同じようにデビュー時からアナログ盤によるフロア向けRemixをリリースしていたのに、この温度差は何だったのだろう。新潟という裏日本の地方都市固有の現象なのかも知れないけど、少なくとも2000年の新潟ではMISIAの方がクラバーに愛されていたと思う。

アタシは当時、浜崎あゆみは哀愁系ユーロビートでアイドル風、MISIAは歌唱力を生かしたR&Bディーヴァという印象を持っていたが、共に同じようなJ-POPだと思っていたし、両者の違いを気にした事は無かった。どちらが好きかと言われれば、ユーロビートが嫌いだったのでMISIAかなという程度。
その後、ギャル達の嗜好がユーロビートからサイバートランスへ移行したのと同時に、浜崎あゆみのフロア向けトラックと言うとギャル向けのトランスMIXだろうと勝手に解釈(あ、オレがね)され、ユーロトランスが大量消費の対象と成った事をアタシは嘆いた。(*1)
だって、荘厳で欧州の憂いに満ちた風を感じさせてくれたステキなトランス達が、多幸感を凝縮したぺらっぺらで軽薄極まりないトラックに駆逐されてしまったんだよ。ホントに誰のせいだよ!! System Fが「(笑)」を付けて語られるようになったのは何故? まあ、いいや。音楽なんて消費されてこそナンボのもんだから。

って横道に逸れたな。


何故に今回こんな話題かというと、フロア向けRemixって何だろうと考えたから。

今年、浜崎あゆみのデビュー10周年という事で、Remixアルバム『ayu-mi-x 6 - GOLD-』『ayu-mi-x 6 -SILVER-』が発売されたでしょう。で、そのRemixを手掛けた素晴しい面子を見ながら、「このトラックって、本当にフロアで流してもらえるのだろうか」と考えたわけ。
あ、J-POPイベントやトランス系のイベント(つまり浜崎あゆみの楽曲が掛かる事を誰もが知っている様なイベント)では競って掛けられるんだろうなあって、容易に想像はつくんだけど、「glitter × SOUL CENTRAL」や「HEAVEN × DAISHI DANCE」などのディープハウスなトラックが、普通のハウスのイベント(いわゆる一流どころのDJ達のレジデントパーティ。EMMA HOUSEとかMUSeUMとか。あ、行った事無いけどね。)で回してもらっているのかなと疑問を感じたの。ドン引きするくらい凄い面子がリミキサーとして名を連ねているのに、フロアで掛かっている様子が想像できないんだ。
どなたか実情をご存知の方が居ましたら教えていただきたいです。
(インストはどうでしょう? それだと浜崎である必要が無いね。)

* * * * * * * * * *

ここからはアタシの想像なのでご容赦いただきたいのだが、浜崎あゆみがフロア向けRemixを出す理由って、「アユの曲で踊りたい」層に向けてというより、「先進的でオシャレなクラブカルチャーにコミットしています」というプロモーションなのかなという事。クラバーやミュージックラバーに浜崎あゆみの存在を知ってもらうためのプロモーションではなく、既存の浜崎ファンに対して「カッコいいアユ」をアピールするためのプロモーション。なんかそんな感じがしたのね。でも、ブランドイメージを維持することは重要。浜崎の動向が所属会社の株価を左右するのだから当然だ。
一方、MISIAの場合は逆に、クラバーやミュージックラバーにアピールする為にフロア向けRemixをリリースしていたのではないかと思う。MISIAのRemixのなかでもとりわけ秀逸な「Everything」や「THE GLORY DAY」等のスローなバラッドをハウスMIXにしたトラックなどでは、ハウスのグルーブに合わせてヴォーカルを録り直しているように見受けられるのね。そのあたりのスタンスからして違うのかなあと感じた次第。


さて、話は突然Perfumeの「edge」に移るねw。
このブログでもさんざん「edge」はどうなのよって話をしてきた。で、改めて感じたのは「edge -extended mix-」はフロア向けでは無いという事。
あれは何かと言うと、8:41という時間がポイントで、武道館公演でPerfumeのダンスパフォーマンスを魅せるための出し物用トラックなのである。3人娘のダンスを入れて初めて完成されるんだよ。だからオーディエンスがダンスパフォーマンスに集中できるように、わざとぼやけたトラックにしたの。
だって、中田ヤスタカが自身のトラックをあのような形でフロア向けとしてリリースする筈は無いもの。そう考えたら妙に納得した。


で、Remixの話に戻るんだけど、今後Perfumeにもフロア向けRemixリリースの企画が出るとしたら、真っ先に考えていただきたいのは「何のために出すのか」という事。
やるならにフロアに愛されるようになって欲しい。その際には中田もリミキサーに加工前のヴォーカルトラックを貸し出すくらいのサービス精神でやって欲しい。例えば、全く加工していない3人の歌声を使って、思いっきりディープなオーガニックハウスの「SEVENTH HEAVEN」とかさ。あ~、それはやりすぎかw
でも、フロアに愛されるには、先ずDJ達に愛されるようにならなければならないでしょう。DJ達が競って回すような盤をリリースできなければ、フロアで掛かる事も無いし、オーディエンスの耳に届く事も無いのだから。



Ayumi Hamasaki - Greatful Days (Para One Remix)
Youtubeに上がっている浜崎あゆみのRemixはほとんどがユーロトランスだった。やっぱそちらの需要の方が多いのだろう。
「ayu-mi-x 6」からPara Oneによるテックハウスでエレクトロなトラック。これはこれで有りだ。
(でも「カッペカッペ」が正直うざいって気がしないでもない。)
トランス好きなギャルたちはこのトラックをどのように受け入れるんだろう。



MISIA - To Be In Love STUDIO APARTMENT Remix(Short Ver.)

MISIAも今年10周年を迎えたのだが、昨年エイベックスから古巣のBMGに戻った。
正直MISIAはBMG時代の方が良かったなあと感じていて、最新曲のリミキサーにお馴染のGOMIに加えてStudio Apartmentが名前を連ねているのを見て、「MISIAが帰ってきたな」と思った。
ただ、「THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD + THE BEST DJ REMIXES」のRemix集はイタダケナイなあ。と言うのは内容が2000年前後のBMG時代のトラックが殆どなので、古臭さが否めないのである。
それならば新作の完全フロア対応(長尺)Remixのみを収録した方が良かったのになあ、残念。

* * * * * * * * * *

かつてMISIAが自身のRemix集のリリースパーティにシークレットゲストとして出演したように、Perfumeにもそんなサプライズを期待したいね。


(BGM 「To Be In Love STUDIO APARTMENT Remix(Short Ver.)」 : MISIA)



追記:
monch71君のこのエントリ「
特集・Perfumeフォロアー - オレモリ!! monch71編」のはてブ数が100に届きそうな状況を見て、Perfumeとその周辺が起こしつつあるステキなムーブメントは本物(= 新世代テクノポップシーンの創造)になるかもしれないと思えてきた。シーンの中心となって欲しい20才代のミュージックラバーを代表するmonch71君の上手いまとめ方が多くの人を引き付けているのだろう。それにも増して、興味を持ってブクマする人がこれだけ居るって事が素晴しいし、これはパフュがオリコン1位になるくらい凄い事なのかも知れないな。
願わくばデートピア勢から10位内チャートインするようなリリースが出ますように。


注釈:
(*1) かつてトランスが大好きだったアタシが、何故ゴア・サイケに逃れてプログレッシブ・ハウスに自分の居場所を見つけるに至ったかは、そのうちね。

 

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
こんばんわー、monch71です。思い出話がいっぱい書いてあって、読み応えがすごくあるお話なんですが、やっぱり自分のことが書いてあるので、そのことにコメントさせてもらいます。
僕の想像の限度を超えたブックマークの数ってのに、とても驚いています。本当に多くの人が注目してるんだな~ってヒシヒシと実感しました。こんなに多いんだ~って。
これだけの人が、どのようにPerfumeとその周辺に惹かれているのかな~って、全部知りたいんですが、それは無理がある話しで(若干、そこ疑っているところもあるんですが・・・)。とにかくブクマしてくれた人には全員感謝です。それと、見てくれた人の感性に少しでも役に立てればいいなぁ~と思います。
現象はこれからですね。素敵なことが起きるのもこれから。できたら、目に見えるカタチがいいですね。あと、僕の文章がなんらかなカタチで影響を及ぼしてたら、いいんですけどね。頑張れ、デートピア!
monch71 URL 2008/07/23(Wed)01:50:45 Edit Top
こんにちわッス
>monch71さん
どうも、大ヒットおめでとう御座いま~す。
monch71さんの記事は反響を呼んでいると思いますよ。スポンサーのしがらみだらけの音楽誌よりも、一般のミュージックラバーが本気で書いたエントリの方がよっぽどリアリティに溢れているもの。きっといろんな人の胸に届いてステキなことが起きると思うよ。これで各社から50円ずつ貰えると最高なんだけどね(爆)
いやいや、これからも良い記事書いてくださいね。
LSTD 2008/07/23(Wed)22:46:48 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]