忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

在宅系音源派のアタシにとっては、「ラヴァーズソウル」のデビューシングルと言うより、Candyの新譜という意味合いが強いんだが、とりあえずその辺の気持ちは一旦置いといて。


ラヴァーズソウルの「for example」が先週末にAMAZONから届いた。当初はiTunes Storeでダウンロードするつもりで居たのだが、デジタルブックレットを含めたパッケージの値段が1000円以上したので「あん?」って感じで却下。急遽AMAZONに発注。(後日iTunes Storeを確認したら、販売価格が400円に下がっていた、というより訂正されていた?)

「for example」 : ラヴァーズソウル (->iTuns Store)  (->AMAZON) 

loveso.jpg

Track List

1. ハッピーソウルミュージック
2. 二人だけのSpecial Day
3. GIMME SOME LOVIN'

価格: ¥ 500 (税込)
CD (2008/9/22)
フォーマット: Single
レーベル: Coconut Palm Records


「ハッピーソウルミュージック」はラップが妙に可愛い。
「二人だけのSpecial Day」は緩い感じの70年代風フォークで、意味も無く「風」を思い出した。(って、「風」を知ってる人はオッサンだけだろう)
「Gimme Some Lovin」はキャッチーでノリの良いリフが印象的。CHIHIRO(A.K.A Candy)の声の質感にマッチして、聴いていて気持ち良い。


さて、ラヴァーズソウルとして何を目指しているのだろう。それは「Gimme Some Lovin」を選曲したことが全てを物語っているんじゃないかな。60~70年代のソウルやR&Bが持つ良い意味での「いなたい」感じをガールズポップ上に再現しようと言う試みだと思う。
「Gimme Some Lovin」はブルースブラザーズでもお馴染みだが、オリジナルはSpencer Davis Groupの67年のヒット曲。http://www.youtube.com/watch?v=VxA3atHD2QM
Spencer Davis Groupは、10代の天才白人少年スティーヴ・ウィンウッドがベテランの黒人ソウルシンガーばりの歌唱を披露するという、なんだろう、ある種「奇異なものを見る感覚」も有ったと思うのだが、その辺のイメージはエイベックス時代のブラック&ゴールドでゴージャスなCandyにも通じるなと思ったんだが、考えすぎ(笑)。

ラヴァーズソウルのCHIHIROとしては、売れるかどうかは別として、オールドスタイルなソウルは正解だと思います。ただ、最後には楽曲が勝負。オリジナルトラックより、カバーの「Gimme Some Lovin」方が印象が強いので、今後に期待。


ところで、Candyは?
アタシは「promise http://www.youtube.com/watch?v=5xkKl_ZlTdY」でCandyに興味が涌いたので、どうしてもラヴァーズソウルのCHIHIROが歌う楽曲をCandyの「promise」と比較してしまう。目指しているものが違うと思うので、比べちゃいかんのだけどね。
個人的な思いとしては、Candyには、スケールの大きさを感じさせるゆったりとしたトラックに乗せて、飾らない伸び伸びとした歌声を聴かせて欲しい。裸足で大地の上に立って風を感じているような、そんなオーガニックなイメージで。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
きた!
お久しぶりです。そしてそして…待ってました(涙目)!!
自分にCDレビューの習慣というか力量がないので、記事を読めることがほんと嬉しいです。

>60~70年代のソウルやR&Bが持つ良い意味での「いなたい」感じをガールズポップ上に再現しようと言う試みだと思う。

ある記事でラバソとの関連として「Superfly」の名前が挙っていたんですが、今回のLSTDさんの「ガールズポップ上に再現」という言葉で、それとの違いというか、なんだか腑に落ちる所がありました。ラバソはあくまで「ガールズポップ」への試みだって言えるんだろうなぁって、シンプルに思えたってことなんですが(´U`;;

楽曲評価の感触も同意です。「ファンなんだから好きっていっとけ!」って言われそうですがw
でもやっぱちゃんと、一般性の中で見られて評価されて欲しいってのがあるので、そこは厳し目にいこうかと(^ω^)今後には充分期待できますけどね!

こうなるとCandyを見るときに、”ラバソとは違うCandy”という視点が出てくるのでまた面白いですね。ぼくも”Candy”では、彼女の「声の伸び」が存分に生きるような真っ直ぐな曲を期待してしまいます。

全世界初のラバソCDレビューあざした!笑
oolt URL 2008/10/09(Thu)23:48:24 Edit Top
来ましたw
>ooltさん
そうですね、これからはCHIHIROとCandyの違いが楽しめるのもファンにとっては嬉しいところッスね。
どちらとも正規流通に乗ってCD屋で買えるようになると良いですね。いろんな意味でこれからに期待!
LSTD 2008/10/10(Fri)00:12:02 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]