忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、IEのブックマークを整理していた時のこと。
俺の場合、気になったワードをグーグルで検索した結果や、とりあえず残しておきたいリンクなどを、「その他」というフォルダを作って、その中に放り込んでいる。その後に頻繁に訪れるようになったサイトを、「音楽」とか「DJ関連」などのカテゴリー別のフォルダに移している。まあ、ずいぶんと前からこんなやり方をしている。
その「その他」フォルダの中に「Perfume Official Site」が入っている事に気づいた。ブックマークの日付は「2005/12/15」だった。自分自身、ブックマークを登録していた事実を忘れていたのだ。

ここは「音楽を中心とした独り言(または戯言)ブログ」であるが、Perfumeネタが多いね。(笑)

「リニアモーターガール」をきっかけにして彼女達の存在を知ったのは、前回の話のとおり。
CMデビューのニュースでPerfumeに再会するまでの1年半。自分でオフィシャルサイトをブックマークしておきながら、なぜPerfumeは「忘れ去られた存在」となっていたのだろう。

初めてPerfumeのオフィシャルサイトを訪れたときのトップページの印象は今でも鮮明に覚えている。リニアモーターガールのジャケットをモチーフにしていて、BGMが「♪リニアモーターガール♪」ってリフレインしていた。
そして、そこには3人の美少女がいて、その凛とした佇まいに息を呑んだ。
今、改めてジャケット写真を眺めると彼女たちの眼差しに惹かれたのかもしれない。
 大本彩乃の好奇心旺盛な少年のような眼差し
 樫野有香のあどけなさが残る少女の眼差し
 西脇綾香の全てを見透かされたような大人びた眼差し
サイバーな世界を背景に、作り物ではないリアルな3人の少女の横顔。しばらくそのままトップページを眺めていたことを思い出す。
今思えば、そこで引き返せばよかったのだと思う。そうすれば俺の中で芽生えた「サイバーシティに棲む3人の美少女」の妄想を一人歩きさせることができたはず。「Perfumeのリニアモーターガールってイイよね」っていうひとつのネタとして楽しめたのかも知れない。
ところが、その先のページへ進んだときに、ひとつの現実が俺に突き刺さった。
「ビタミンドロップ」を始めとしたインディーズ時代のジャケット写真だ。

あっ、そうか。生身のアイドルだったんだ。

実は、そこで、今まで昂ぶっていた気持ちが少し萎えた。アイドルが嫌いなわけじゃない。っていうか、むしろ好きだ。なぜ萎えたかというと「40を過ぎたオヤジがいまさらアイドルかよ」って事だ。この世間体から来る過剰な自制心は、思いの他大きな壁なのだ。

そしてその後、「毒を食らわば皿まで」ではないが、一度足を踏み入れてしまったのだから、行き着けるところまで検索してみようと様々なサイトを渡り歩いてみた。そして、最終的に「燃える東京。萌えて冷却。」へ辿り着いた時、完全に気持ちが萎えてしまった。

アキバなのか、、、。

秋葉原がPerfumeを育てたことは紛れも無い事実であるし、インディーズ時代から彼女達を盛り上げてくれた「パフュヲタ」の皆さんにはリスペクトする。しかし、俺はアキバのあの「萌え文化」が生理的にダメなのだ。3頭身の瞳がやたらとでかい幼女のイラストやコスプレやメイド服を目の当たりにすると「あっ、ごめんなさい!」って感じで逃げ出したくなる。この溝は絶対に埋められないし、埋めたくないとも思っている。

結局、Perfumeが「アキバ萌え文化」のアイコンの一つであることが、俺の気持ちをPerfumeから遠ざけた大きな原因だった。
「リニアモーターガール」がすごく気に入っていただけに、「燃える東京。萌えて冷却。」はショックだった。


さて、今は、こうしてCDやDVDを入手するほど「Perfume」にハマってしまったが、これは前回の話のとおりで「コンピュータ・シティ」と「エレクトロ・ワールド」のPVをYahoo動画で観たのがきっかけだ。3人の可愛らしさもさることながら、耳なじみの良いメロディが俺の心を捉えたと言っても良い。
「コンピュータ・シティ」と「エレクトロ・ワールド」でようやく「アキバ萌え」の大きな溝を飛び越えることができた。それも、いとも簡単に。結局、エレクトロ3部作が大きなブレークスルーとなったのだ。
(これはまさに、「Black Perfume あばれ旅」の結末と同じじゃないか。)

一つ付け加えると、中田ヤスタカがPerfumeに関わっていた事は知らなかったし、彼のサウンドプロデュースがPerfumeを聴く事になったきっかけではない。さらに付け加えると、capsuleもほとんど聴いたことは無い。っていうか、実はiTuneミュージックストアで視聴はしても購入しなかったのがcapsuleだった。
しかし、中田ヤスタカの作る楽曲のすばらしさは特筆すべきである。ポップミュージックを創るプロデューサーとしては、最近の音楽シーンの中で最重要人物であることは間違いないだろう。

ただね、ちょっと一言、言わせていただきたいことがあるのだが、それは次回とする。

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]