忍者ブログ
独り言だったり妄想だったり。 単なるメモだったり、、、。 by LSTD
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は音楽の話題から外れます。

私がネット上にサイトを開設してから10年が経ちました。当初の目的は、このブログの様にくだらない独り言を垂れ流す事ではなく、自分の作品を世に問うための場所でした。あっ、世に問うたのか?と問われると微妙ですね。作品の感想メールは数えるほどしか来ていないし、ギャラリーページを気に入ってもらって相互リンクを貼ったサイトもほんの僅かです。
結果から言えば、失敗ですね。

私の展示している作品は写真です。と言ってもかなりデジタル加工を施してあるので、CGと呼んだ方が良いかもしれません。

写真には2つの工程があります。一つは被写体を記録する事。そしてもう一つは記録したデータを基にして、目に見える形に再現する事です。銀塩フィルムを使うのであれば、被写体をフィルムに収めて、その後印画紙にプリントする事。デジタルであれば被写体をデジタルデータとして記録して、その後PC上で目に見える形に変換してプリントアウトする事ですね。要するに「撮影」と「プリントワーク」です。撮影行為を「作曲」、プリントワークを「演奏」に喩えた人が居ましたが、言い得て妙だと思いますね。
どちらも「写真」という表現を実践する上で欠かせない行為です。(*1) どちらに重きを置くかは作家それぞれで考え方が異なると思いますが、私の場合は撮影という行為よりも暗室に篭って印画紙に画像を焼き付ける事が好きでした。なので、初めてMacとAdobe Photoshopを手に入れた時は「光かぶりと酢酸の匂いと夏の暑さから開放された快適な暗室を手に入れた」という喜びで本当に興奮しましたね。それ以来は過去に撮り溜めたフィルムをスキャンしてPhotoshopで加工し、プリントアウトするというスタイルが私の表現方法になりました。

しかし、作品を作る事は相当のエネルギーを消費します。もともとが、ほんの少しの創造の種しか持ち合わせていないので、それを枯れないように大事に育ててようやく小さな実を結んだのが私の作品達なので、1年のうちに数点しか生み出すことが出来ません。もう、いっぱいいっぱいで、本当に魂を削りながらやっていましたから、完成した後は達成感というよりは虚脱感が先に来る感じです。
ってか、何でそこまでして作品を作りつづけていたんだろうね。

ウチの嫁は私の作品の最大の批評家でもあるのですが、彼女曰く、
「あんたの作品には、夢も希望も感じられない。あるのは絶望感だけ。観ていて気持ち悪くなる。本当に暗い。」
流石だ。上手い事言うわ。


ダークサイドへ陥りたいという方はこちらまで。居るわけ無いか、、。

At Seashore (link にも入れてあります)

108.jpgAt Seashore」とは浜辺の風景のシリーズ作品群です。シリーズは'80,1999,2000,2001,2002,2004とありますので、年代を追って観賞していただくと良いと思います。作家が作品を生み出す事の苦痛に耐えながらもがき苦しみ、最後は完全に自分を見失ってしまう様子が見て取れると思います。
これらの作品は全て「LREX展」というアートイベントで展示したものです。実際にはA3サイズから最大で900mm * 300mmとさまざまで、カラープリンタで出力しています。一方、サイト上ではデジタルデータの解像度を落として、ネットワークを通してディスプレイ上で観賞できるように作り直しています。

実はAt SeashoreのシリーズにはBGMの指定があります。GOLDIEのアルバム「TIMELESS」を聴きながらご覧いただくと一層ダークな雰囲気を味わえると思います。(実際の展示会場でも「TIMELESS」をリピート再生していましたね。でもYouTubeではコレしか見つけられなかった。Innercity Life
「At Seashore」以外のシリーズは特に指定はありません。お好きなBGMでお楽しみください。あっ、Perfumeは絶対合いませんからね。

注釈:
暗室に篭って印画紙に画像を焼き付ける作業が好きってのは「トライ&エラー」が出来るからなんですね。今思えば、被写体に真っ向から対峙できない臆病者にとって、完全に自分のペースで全てを運べる暗室作業に逃げ道を見つけたんだろうな。
撮影という行為は本当に撮影者のセンスと言うか人柄が現れる部分。一瞬のうちに構図を決めて自分のリズムでシャッターを押せる人って、自分から被写体に対して心を開くことが出来るからなんだと思います。そんな意味で、樫野有香さんはなかなか良い目を持っているな、と思いました。

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
comment
[01/13 LSTD]
[01/12 monch71]
[01/05 pletcherizm]
[11/18 NEX-5]
[11/12 NEX-5]
a search in the blog
Last.fm


@TOWER.JP


AMAZON
Fujisan.co.jp
ZOZOTOWN






another






あわせて読みたい





profile
HN:
LSTD
性別:
男性
職業:
不良中年
趣味:
妄想
自己紹介:
音楽好きな痛い中年オヤジが、妄想に基づいた稚拙な文章でお送りする「よせば良いのに」的ブログ。

困った事にPerfume成分が多目です。彼女達の親御さんとは間違いなく同世代です。ちなみにP.T.A.会員です。

ホントに御免なさい。


御用命は「lstd_rd の yahoo.co.jp」まで。
counter
bar code
Copyright © 今週の俺がダメダメ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
original design Template by Kaie
Style UPDATE - MASHIMA
忍者ブログ [PR]